フルーゲルホルンの音はトランペットのように暖かく、暗く、よりまろやかである(ブラッシーではなく、貫通していない)。 トランペットとコルネットのように、それは3つのバルブを持っており、運指は同じです。 ほとんどはBフラットですが、いくつかはCにあります。

ブラッシーからメロウに行くという点では、トランペット、コルネット、フリューゲルホルンです。

フリューゲルホルンとコルネットは、フランスのホルンとトランペットの間の素敵なブレンドconnecttionであり、多くの後期ロマン派は、コルネットのこの特性を利用しました。 (残念ながら、コルネットの部分のためにトランペットを代用するそれらの19番目のCスコアの多くの録音があります。)ベルリオーズとフランスの作曲家は、いくつかのオーケストラスコア(カプリッチョ-イタリア、フランチェスカ-ダ-リミニなど)やオペラでチャイコフスキーと同様に、コルネットを頻繁に使用していた。 (手のflugelhornの使用法を離れてリコールしてはいけない。)だが。..

サウンドフォント”Symphonic Sounds”を使用しています。 その中にはいくつかのトランペットフォントと1つのflugelhornフォントがあります。 大規模なオーケストラでは、私のスコアは2つのトランペットと2つのコルネットを呼びます。 フォントにはコルネットの音がないので、私はやや満足のいく結果でflugelhornの音を置き換えます。より多くの技術的な情報および物理的な記述のための

: https://bandestration.com/2015/10/22/trumpet-vs-cornet-vs-flugelhorn/

これが
Joe

に役立つことを願っています