パウロは、義とされ、神と和解したすべての人は、信仰と神の恵みに頼ることによってこの祝福を得たと教えています(ローマ人への研究4:16、5:1-2)。

このレッスンでは、パウロのこの基本的な教えを、彼が信じ、従順と義の働きについて教えていることに関連付けます。

1″信仰の従順”

パウロは、彼の使命の声明でローマ人への手紙を開始し、終了します。 それは”信仰の従順をもたらす”ことです(ローマ人への手紙1:5,ローマ人への手紙l6:26)。

パウロは、ローマのクリスチャンたちが、彼が彼らに説教した”その形の教義に心から従った”ことを祝福します(ローマ人への手紙第6章7節)。 これは、パウロが”信仰だけ”(パウロがどこにも使用していない用語)を提唱していないことを明確にしています。 彼は従順な信仰を提唱しています。

もちろん、パウロは服従が正当化に値するということを意味するのではありません。

ポールは、一つは”動作しませんが、信じています。..”(ローマ人への手紙第4章4-5節)。 彼は単に、従順の働きによって天国への道を得ようとしないということを意味します。 もしそうすることができれば,なぜ贖い主が必要なのでしょうか。

したがって、人は信仰をもって神に従うべきであり、それによって神からの贈り物として贖いと義認を受けるべきである。 パウロは、もし自分の従順が信仰でなければ、その従順によって正当化されることはないと強調しています。

しかし、パウロも最初に、信仰が従順でなければ、その信仰によって義とされることはないと言うでしょう。 パウロは、正当化に不可欠な従順を作ることに全く問題はありません: “あなたがたは従う者の奴隷であり、死に至る罪、または義となる従順のいずれかである”(ローマ人への手紙第6章16節)。

パウロが”行いとは別に”信仰が義とみなされることを話すとき(ローマ人への手紙第4章6節)、彼は明らかに従順を欠いた信仰を意味するものではありません。 むしろ、彼は作品以外の何か他のものとしての信仰を意味し、作品と一緒に働く(cfヤコブ2:21-24)。

私たちがパウロを誤解し、彼が罪の救済策として従順のない信仰を提案していたと思うなら、パウロが”信仰の従順”(ローマ人への手紙第1章5節、ローマ人への手紙第l6章26節)について語っている先に述べた聖句に来たとき、私たちの誤りを認識するでしょう。

2アブラハムの信仰

信仰による恵みによる正当化と和解は、家父長制時代に施行されたシステムでした。 祝福師アブラハムは、彼の信仰が彼に罪の赦しの祝福をもたらしたことを発見しました(ローマ人への手紙第4章3-8節)。

パウロは、アブラハムを信仰による義認のパラダイムまたはパターンとして使用して、ローマ人に全体の章を費やしています。 パウロは、信仰による義認は、アブラハムだけの特権ではなく、彼のための特別な神権時代でもなかったことを示しています。 それはあらゆる時代のすべての人々のためであり、区別はありません(ローマ人への手紙第3章22-25節)。

“正しい者は信仰によって生きる”(ローマ人への手紙第1章17節、ハバクク書第2章4節)ということは常に真実でした。 しかし、このアブラハムの信仰と祝福の例を見ると、神はアブラハムに、”あなたがたがわたしの声に従ったので、あなたがたの子孫によって、地上のすべての国民が祝福されるであろう”(創世記第22章17-18節)と言われていることがわかります。

だから明らかに三つのことが真実です:

(1) アブラハムは信仰によって義とされました。

“アブラハムは神を信じ(信仰を持っていた)、それは義として彼に信じられた”(ローマ人への手紙第4章3節、創世記第15章6節)。

(2)アブラハムは従順によって義とされた。

神は彼に言われました、”あなたが私の声に従ったので、あなたの子孫(子孫)の中で、地球のすべての国民は祝福されます”(創世記22:17-18)。

今、アブラハムはキリストである約束された種子に彼の正当化のために頼っていました(ガラテヤ人への手紙第3章16節)。 アブラハムは、信仰だけではなく、神ご自身が宣言したように、信仰と従順によってその約束を受けました。..あなたがたがわたしの声に従ったからである”(創世記第22章17-18節)。

(3)私たちはアブラハムのように正当化されています。

“わたしたちの父アブラハムの信仰の歩みに従って”(ローマ人への手紙第4章:12)アブラハムのような信仰によって、アブラハムのように義とされるでしょう—”キリスト-イエスにある贖いによって、神の恵みによる贈り物として義とされる”(ローマ人への手紙第3章23-24節)。

私たちがアブラハムの歩みに従うならば、私たちの信仰は彼のような従順な信仰であるため、彼がキリストを受けたようにキリストを受けるでしょう。 神が彼に言ったように、それは私たちのためになります:”。..あなたがたがわたしの声に従ったから”(創世記22:17-18、ガラテヤ人への手紙第3章6-9節、ガラテヤ人への手紙第3章26-29節)。

3行いの価値

私たちが信仰によって行う義の行いは、神によって大きく評価されています。 パウロは、彼が言うとき、これを私たちに明確にします。..

“したがって、兄弟たちよ、神の慈悲を考慮して、あなたがたの体を生きた犠牲として、神聖で神に喜ばれるものとして提供することを強くお勧めします。 この世界のパターンにもはや適合してはいけませんが、あなたの心の更新によって変換されます。 その後、あなたは神の意志が何であるかをテストし、承認することができるようになります—彼の良い、喜ばと完璧な意志。”(ローマ人への手紙第12章1-2節NIV)。

私たちはこのことから、私たちが神への犠牲として自分自身を提供するとき、彼は喜んでいることを知っています。 キリストは私たちの罪のために死なれ、彼の体は私たちの罪のための犠牲だったので、彼はもちろん、罪のための犠牲として私たちの作品をカウント それにもかかわらず、神は私たちの体の献身を彼に喜ばれる犠牲として彼の意志のパフォーマンスにみなします。

信仰はそのような従順なしには価値がないでしょう。 神は、行いのない信仰において価値を全く見ておらず、信仰のない行いにおいて価値を見ている以上に、神は行いに価値を見ておられます。 ですから、レッスンの冒頭で見たように、パウロは”信仰の従順をもたらす”ために懸命に努力していました(ローマ人への手紙第1章5節、ローマ人への手紙第l6章26節)。