このページでは、FlowJoの報酬ユーザーインターフェースのワークフロージェスチャの一部をキャプチャしています。 詳細については、私達の補償の個人指導か作業の流れを見ることを考慮しなさい。

コントロールチューブを補償グループに割り当てる:

これは、データを追加するときに自動的に発生します。 サンプルに”comp”というフレーズが含まれている場合、サンプルは”compensation”グループに配置されます。 あなたの補償制御comp-または補償の名前を付けることを検討してくださ

サンプルが自動的に補正グループに追加されない場合は、”すべてのサンプル”グループから”補正”グループに手動でドラッグします。

サンプルへの補償行列の割り当て:

補償エディタで補償ノードを作成したら、補償エディタからサンプルまたはサンプルのグループにドラッグします。

サンプルのグループ全体を補正する場合は、代わりに補正ノードをグループにドラッグします。

(re)行列の名前付け:

行列の名前は、メインの補償ウィンドウからアクセスできます。 これを開くには、”Compensation”グループの下にあるcompensationノードをクリックします。

行列を識別する:

異なる行列は、色と名前によって区別することができます。 行列名は補正インターフェイスから導出され、行列の作成時に行列の色は同じ場所から導出されます。

取得行列:

Fcs3.0ファイルがFlowJoにロードされると、ファイル内に埋め込まれたkeyword SPILLキーワードを使用して取得行列が自動的に適用されます。 集録行列は、サンプルの横にある任意の補償行列バッジをダブルクリックすることで変更できます。 [編集]をクリックして値を変更し、行列に新しい名前を付け、それを任意のサンプルに適用するために使用します。 リセットする場合は、マトリックスエディタを再度開き、リセットをクリックします。

行列を削除する:

補償行列を削除する必要はありません!

まず、グラフウィンドウで補償されていないパラメータに常にアクセスできます(グラフ>は補償されていないパラメータを表示します)。

次に、FlowJoで常に新しい行列を作成し、現在の行列を上書きすることができます。

第三に、ワークスペースで作成されたすべての行列が行列エディタに存在します。 あなたは、単にそれらを選択し、サンプルまたはグループにドラッグ/ドロップすることによって、それらを交換することができます。

補償へ戻る