アカデミック解雇後にロースクールに再入学する方法ロースクールからアカデミック解雇されることは屈辱的な経験になることは言うまでもありません。 あなたの解雇の原因となった状況にかかわらず、予期せぬ人生の緊急事態であっても、準備の不足であっても、解雇されてしまうことは吸う。 悲しいことに、解雇についての最悪の部分は、あなたが直面するかもしれない恥ずかしさではなく、代わりにロースクールに戻って登録を取得する方法に 再入場ポリシーを議論するいくつかの漠然とした記事以外に、再入場を得るために取ることができる実用的な手順に関する情報はあまりありません。 だからここであなたはこの質問に対する答えを見つけることを期待してこの記事を読んでいます。 そこに情報の欠如を考慮すると、私はこのトピックの正義を行う能力を持っているかどうかはわかりません。 しかし、私はこの問題を神秘化し、あなたが切望するJ.D.を達成するために軌道に乗ることに少なくとも一歩近づくように最善を尽くします。

では、学問的に解雇された後に最初にすべきことは何ですか? あなたの典型的な法律教授のように聞こえるの危険にさらされて、あなたがすべき最初の事は”ルールを読む!”アメリカ弁護士協会は、すべての学校が解雇後の再入学のための学生を検討する際に適用すべきルールを概説しています。 ABAの標準の標準501に従って:

“ロースクールは、以前に学業上の理由で失格した学生を、事前の失格が法律教育プログラムを完了し、バーに入学する能力の欠如を示すものではないことを”

しかし、それはどういう意味ですか? どのように彼らの解雇は、彼らの法的教育を完了することができないことに基づいていないことを肯定的に示すのですか? 私はこのルールを読んだ後に混乱していたので、学校がこの”肯定的な表示”をどのように定義しているかを調べました。「私の調査結果はせいぜいわずかでしたが、Nova Southeastern law schoolとSouthern Methodist University law school(SMU)の両方は、外部要因の提示がこの肯定的な提示要件を満たすことができることを示

Novaは、再入学を得た学生は個人的な声明に含める必要があると述べています:”能力の欠如ではなく、外部要因が法律研究の成功に障壁を作り出したことを示す情報。”

一方、SMUは、再入院を試みる学生は、必要な学習コースを正常に完了するための学生の能力とは無関係であった重大で予期せぬ混乱によって解雇が引き起こ

だから、これは私たちをステップに連れて行きます1:

1. 外部要因

学業解雇後にロースクールへの再入学を求めている場合、最初の解雇は外部要因に基づいており、授業を処理できないことではないことを示す必要があります。 法律学校は時々学生にトンネルの視野があることができます。 あなたの授業のストレスにもかかわらず、人生がまだ続いているという事実を見失うのは非常に簡単です。 したがって、人生で何か重大なことが起こったとき、すなわち身体的または精神的な病気、家族の死、または極端な財政的損失、それは軌道から放たれるのは非常に簡単です。 これは理解されています。 外部要因があなたの学業解雇の原因である場合、学校は一般的にこの状況を理解しています。 ただ、あなたが焦点を失う原因となった外部の問題について明確にすることを確認してください。 しかし、それはあなたがこの問題を修復するために必要な手順を行っていること、あなたはもはや阻害要因としてそれを予見していないことを入学 リハビリについては、次のセクションでさらに議論します。

では、あなたの学術解雇が外部要因に基づいていなかった場合はどうなりますか? 私はあなたに嘘をつくことはありません、これは再入院を得ることをはるかに困難にします。 しかし、あなたがリハビリされていることを証明し、法的な授業を完了する能力を持っていることを証明できれば、再入院はまだ可能かもしれません。 これは私を次のステップに連れて行きます。

2. リハビリ

あなたが非外的要因に基づいて学問的に解雇された場合、解雇期間中にあなたがリハビリされ、法的コースワークを完了する能力を持っていたことを証明することが重要です。 あなたがこのカテゴリに分類される場合は、あなたが軌道に乗った理由の根本的な原因を理解することが重要になります。 あなただけのプロの法律学校の環境を処理するために一度に十分に成熟していなかったか、作業負荷があまりにも困難でしたか? 理由が何であれ、私はあなたがプロの環境で生き残ることができることを示すためにあなたの解雇期間中にフルタイムの仕事をすることをお勧め 私はまた、多分あなたが失敗した1Lの授業を通してあなたを導くことができるかもしれない家庭教師を得ることをお勧めします。 私たちは、ロースクールツールボックスを通じて優れた家庭教師サービスを提供していますので、それをチェックアウ

あなたは今、学術解雇後にロースクールに再申請する良い時期がいつあるのだろうかと疑問に思うかもしれませんか? リハビリのわずか数ヶ月は十分ですか、または数年待つ必要がありますか? これは私の最後のステップに私をもたらします:

3。 学校の必要なタイムライン内で再申請する

ABA規則の標準505は、学問的に解雇された学生がロースクールへの再入学を求める前に二年待たなければならな しかし、2014年にこの言語はルールから削除されました。 したがって、私が見つけることができる限り、このタイムラインは現在、法律学校の裁量に任されているようです。 したがって、学問的に解雇された場合は、次の試行で入学を希望する学校を早期に決定することが重要です。 これを決定したら、その学校に直接連絡して、学問的に解雇された学生の入学に関する方針を決定してください。 これらの学校はまだ場所で二年間の要件を持っているかもしれないか、彼らはABAのルールのように、この要件を廃止している可能性があります可能性 どのような場合には、早期に見つける。

あなたが学問的に解雇されているなら、私はあなたが困難な時期を過ごしていることを知っています。 私はこれらのヒントがあなたが軌道に乗るのを助けることができることを願っています!

法律学校であなたのベストを尽くすためにいくつかの助けをお探しですか? 私たちの法律学校の家庭教師のオプションについてご覧ください。