議論 前の節次の節

距骨の骨折は、予防された予後を伴う困難な傷害である。 Lelandhawkinsは,足底頚部骨折を,足底関節およびけい骨骨関節の変位およびその結果生じる亜脱臼または脱臼の程度に基づいて三つのカテゴリーに分類した。 HawkinsクラスI骨折は、亜脱臼または脱臼のない非分散骨折であり、AVNを発症する0-15%のリスクを有する。 HawkinsのクラスIIのひびはsubluxationの転置された縦のtalar首のひびまたはsubtalar接合箇所およびAVNの20-50%の危険の転位である。 HawkinsのクラスIIIのひびはsubtalarおよびtibiotalar接合箇所およびAVNの69-100%の危険両方の転位のtalar首を通って伸びる転置されたひびである。 変位および転位の程度は、血液供給の中断の主要な手段であり、したがってAVNの発症のリスクであると考えられている。 CanaleとKellyは、talar首の骨折が足首およびtalar関節の脱臼と関連し、talonavicular関節のtalus頭部の追加の脱臼または亜脱臼を伴うまれなクラスIVカテゴリーを追加した。 クラスIV骨折は、100%の報告されたAVN率を有していた。 ホーキンスは、足首のx線写真に見られるように距骨の軟骨下骨に廃用骨減少症があった傷害後6週間でx線写真の兆候を記載しました。 この廃用骨減少症は、この領域の骨に十分な血液供給があった場合にのみ発生する可能性があります。 これらの傷害はまた、距骨の部分への血液供給を中断する可能性があるため、臨床診療では、ホーキンズサインは、talar首の骨折だけでなく、talar体の骨折にも使

距骨の血液供給(図。 4)は文献によく記載されている。 個々の解剖学的構造の変化にもかかわらず、五つの主要な血管源は、talar首の領域に距骨を入力します。 骨外の血液供給は、後脛骨動脈、前脛骨動脈、および穿孔腓骨動脈の3つの動脈から来る。 距骨の体に血液を供給する主要な動脈は、足根管の動脈である。 距骨の下頸部の周りの吻合リングは、足根管の動脈と足根洞の動脈によって形成されるが、距骨の体は、任意の血管の中断がその血管の分布における骨壊死の領域につながる可能性があるように、骨内吻合が制限されている傾向がある。 距骨の内側体は、後脛骨動脈の枝である足根管の動脈、および後脛骨動脈または足根管の動脈に由来する三角枝によって供給される。 穿孔腓骨動脈および前脛骨動脈は、洞足根領域および足底体の外側部分に枝を寄与する。 距骨の頭部は前脛骨動脈の枝によって供給される;距骨の頭部そして首に供給されるほとんどの血はdorsalis pedis動脈から起こる。 骨内血液供給は、距骨の体全体に3つまたは4つの吻合のネットワークである。 これらの吻合部の枝は、主に足根管の動脈に由来する。

図
より大きなバージョンを表示(56K)
図1.1.1. 4. -距骨の動脈供給を示す模式図。 骨外血液供給は、後脛骨動脈、前脛骨動脈、および腓骨動脈の穿孔枝の三つの動脈から来る。 足底体への主な動脈供給は、後脛骨動脈の枝であり、三角枝を含む足根管の動脈からである。 それはまた足根洞の動脈の助けを借りて距骨の周りの吻合リングの部分を供給する。 これらの動脈のそれぞれはtalarボディの特定の領域を供給するために打ち抜く容器を作り出します。

足首および足底関節の亜脱臼を伴わないホーキンクラスI骨折では、首を通って入る血液供給のみが中断される。 HawkinsクラスII骨折では、亜脱臼または脱臼した足底関節を有する、足根管の動脈および首からの背側の血液供給がしばしば中断される。 内側の血液供給も中断する可能性があります。 Hawkins class IIIでは、足首または足底関節から脱臼した身体を伴う垂直talar首の骨折では、3つの主要な血液供給源がしばしば損傷する。 Hawkins class IVの損傷では、垂直方向のtalar首の骨折および足首、subtalar関節、およびtalar頭部の関連する脱臼を伴う、3つの主要な血液源はすべて破壊される。

ホーキンス徴候は、古典的にtalarドームの内側軟骨下骨で始まり、横方向に進行するが、骨折の6週間から8週間の間に現れる。 6-8時間以内の開いた解剖減少そして内部固定はAVNのより低い発生で起因します。 外科の後の完全なrevascularizationは6か月から3年を取ります。 ホーキンス記号は非常に敏感ですが、あまり特異的ではありません;その不在はavascularityを予測することはできません。

Morrisは、部分的なAVNが発生すると、距骨の側方部分が優先的に関与することを示しています。 この好みは、血液供給の大部分が足根管の動脈を介して内側から来るという事実と、三角靭帯との関連によってこの血管に与えられる保護によっ この点をさらに説明するために、Dunn e t a l. 前方方向に脱臼した足はAVNの高率を経験したが,内側脱臼は内側血管を介した血液供給の保存をもたらし,それに応じてAVNのリスクが低いことを示した。 距骨の内側側にはより多くの循環とより良い保護があるが,内側無血管壊死の二つの症例では,これらの血管が中断され,不完全なAVNをもたらすことが示された。

Hawkins signは、talar首の骨折後の骨壊死の距骨の評価に有用であり、臨床診療では、この使用はtalar体の骨折に拡大されています。 Talarの首のひびはextraarticularであり、距骨の解剖首で起こり、articular表面を含まない。 Talarボディひびは足首およびsubtalar接合箇所のarticular表面を含み、interosseous幹線供給の中断のより高い発生があるかもしれません。 いくつかの無血管壊死を有する距骨の骨折を治療する場合、骨が血管再生されているので、患者が部分的な崩壊から保護するために体重を負担してはならない時間の量に関する文献にはコンセンサスはない。 関与するタラー体の割合に基づいて後期崩壊のリスクを層化しようとする試みでは、Thordarson et al. 21人の患者の二人が不完全なホーキンスの兆候を持っていたtalar首の骨折におけるMRI信号の変化の分類を考案しました。 彼らはまた、患者が怪我に体重を負担すべきではない時間についての勧告を与えた。

私たちのケースは、部分的な無血管壊死がtalar体の骨折で発生し、部分的なホーキンスの兆候がこのプロセスを示すことができることを示しています。 関節脱臼や大量の変位がなくても、これらのtalar体の骨折は、骨内末端動脈を中断する骨折線の位置のために、部分的な無血管壊死につながる可能性が 我々の研究はまた、ホーキンスサインの早期可視化は、関与の割合を評価し、適切な治療を導くのに役立つMRI評価の指標となり得ることを示唆している。