慢性B型肝炎の治療のための現在のアルゴリズムは、主に3つの要因に依存しています:(1)B型肝炎ウイルス(HBV)DNAレベル、(2)アラニンアミノトランスフェラーゼレベル、(3)B型肝炎e抗原(HBeAg)状態。 HBeAgの存在は、抗ウイルス療法を開始するかどうか、およびいつ中止するかを決定するために極めて重要である。 HBeAg陽性の慢性B型肝炎については、血清HBV DNAレベルが>20,000IU/mLであり、アラニンアミノトランスフェラーゼレベルが上昇している場合、または肝生検標本の検査で有意な肝疾患が認められている場合、現在のガイドラインでは治療を推奨している。 経口抗ウイルス薬による治療は、HBeAg seroconversionが達成されるまで継続される。 これは、血清HBeAgが検出不可能になり、HBeAgに対する抗体が検出されるときに起こる。 HBeAgセロコンバージョンが達成された後、抗ウイルス療法は、最も頻繁に別の6-12ヶ月(すなわち、圧密療法)のために継続され、その後停止される。 HBeAg血清変換後の圧密療法では、ほとんどの患者は投薬を受けていない間にウイルス抑制を持続しているが、血清HBV DNAの再現およびHBeAgの検出を伴う再発は、

臨床感染症のこの問題では、Wu et al. adefovir dipivoxilによる治療後、hbeag陽性の慢性B型肝炎およびhbeag seroconversionを有する45人の患者のコホートにおける持続的なHBeAg seroconversionの速度を報告する。 患者の約四分の三はアジア人であり、四分の一は白人であった。 150週間(範囲、13-252週間)のフォローアップ期間の中央値の後、4人の患者はウイルス学的再発を経験した。 この研究では、再発の潜在的な予測因子として、HBeAg seroconversion前の治療期間およびHBeAg seroconversion後の圧密療法、ならびに治療前のプレコアまたは基底コアプロモータ変異の存 著者らは、HBeAg seroconversionの前後の治療期間が長いことが、持続的なhbeag seroconversionと関連していることを見出した。 血清HBV DNAレベル>1000コピー/mLの患者13人のサブセットにおいて、プレコアおよび基底コアプロモーター変異の遺伝子型分析に利用可能な血清サンプルを保存していた(ジデオキシシーケンシング;感度、25%)、著者らは、ほとんど(11人の患者)がプレコアおよび/または基底コアプロモーター変異のいずれかを有していたことを発見した。 フォローアップ中のプレコアおよび/または基底コアプロモーター変異を有する11人の患者のうち、アデフォビル療法の開始前にこれらの変異を有していた。

持続的なHBeAg seroconversionの高いレートと長い統合療法の関連付けは、一般的にラミブジン療法との以前の公開された経験の結果として知られているが、プレコア: (1)HBeAg産生野生型ウイルスとプレコアおよび/または基底コアプロモーター変異を持つウイルスの混合ウイルス集団の問題と(2)経口抗ウイルス療法のコース後の再発とプレコアおよび/または基底コアプロモーター変異との間の潜在的な関連付け。

最も一般的なプレコア変異体ウイルスは、ヌクレオチド1896(A1896)でGからAへの点変異を有し、これにより停止コドン28が生成され、HBeAgの合成が廃止される。 ヌクレオチド1762(A–T)と1764(G–A)で基底コアプロモーター領域の二重変異は、50%-70%プレコアmRNAの転写を抑制することにより、HBeAgの合成の減少に関連付けられています。 Hbeag陰性慢性b型肝炎とプレコアと基底核プロモーター変異との関連は十分に確立されているが,Hbeag陽性慢性B型肝炎におけるそれらの存在はあまり評価されていない。 プレコアおよび/または基底コアプロモーター変異は、慢性B型肝炎のHBeAg陽性患者の約半分で発見されました。 近年、hbeag陽性患者におけるプレコアおよび基底コアプロモーター変異の臨床的意義は、自発的HBeAg seroconversionに関して研究されているが、少しは治療関連HBeAg seroconversionにおける

自発的なHBeAgセロコンバージョン中に、プレコア変異G1896Aと基底コアプロモーター変異A1762T/G1764Aの両方の有病率は、HBeAgセロコンバージョンを経験する患者 これらの変異の有病率は、持続的または断続的に上昇したアラニンアミノトランスフェラーゼレベルを有する患者においても、持続的に正常なアラニンアミノトランスフェラーゼレベルを有する免疫寛容患者と比較して増加する。 これらの研究のいずれも、しかし、プレコアと基底コアプロモーター変異と完全なHBV DNA抑制(すなわち、PCR技術によって検出不可能なHBV DNA)とHBeAg血清変換の存在

Wuらによる研究。 臨床感染症のこの問題では、20の45HBeAg陽性患者はまだhbeag血清変換後の血清HBV DNAレベル>1000コピー/mLを持っていたことを明らかにし、13の20の患者の利用可能な前処理血清サンプルを持つ11は、プレコアおよび/または基底コアプロモーター変異のいずれかを持つウイルスを持っていた。 これらの11人の患者のうち、アデフォビル療法の開始前に、プレコアおよび/または基底コアプロモーター変異を有するウイルスが既にあった。 レトロスペクティブデザインと研究の小さなサンプルは、HBeAg seroconversionと前処理プレコアと基底コアプロモーター変異の関連付けの分析を可能にしませんでした。 本研究は、しかし、hbeag陽性患者におけるプレコアと基底コアプロモーター変異の比較的頻繁な存在を強調し、さらなる研究は、これらの変異体の臨床的意義を解明するために必要とされています。

最後に、プレコアと基底コアプロモーター変異とHBV遺伝子型との関連も注目すべきである。 この関連に関する文献のほとんどは、HBV遺伝子型BおよびCが主要な遺伝子型であるアジアから来ている。 一般に、プレコア変異A1896は、HBV遺伝子型Cの患者よりもHBV遺伝子型Bの患者でより一般的であることが知られているが、基底コアプロモーター変異T1762/A1764はHBV遺伝子型cの患者でより一般的である。 プレコアおよび、特に、基底コアプロモーター変異は、hbv遺伝子型の状態、年齢、性別、およびHBV DNAレベル(または、それぞれ2.4および12.8)とは無関係に、肝細胞癌の危険因子であることが示されている。 プレコアおよび基底核プロモーター変異の存在は、HBeAg陰性慢性B型肝炎よりもHBeAg陽性慢性B型肝炎における進行肝疾患のリスクが高いと関連している。

要約すると、プレコアおよび基底コアプロモーター変異は、HBeAg陰性およびHBeAg陽性の両方の慢性B型肝炎で起こる。 Hbeag陰性慢性b型肝炎における完全なウイルス抑制後のウイルス学的再発はよく知られており,これは治療ガイドラインによるこの患者集団に対する長期療法の勧告を説明している。 成功したHBeAg seroconversionの後に統合療法を受けているにもかかわらず、少数の患者だけがまだ有意なウイルス血症とHBeAg seroreversionを示しています。 ベースラインプレコアと基底コアプロモーター変異とhbeag陽性慢性B型肝炎患者の抗ウイルス療法への治療応答との関係を調べるために追加の研究が必要; 具体的には、混合プレコアおよび/または基底コアプロモーター変異ウイルス集団の存在下での治療誘発HBeAg seroconversionの耐久性を研究する必要があります。 このような研究の結果は、HBeAg陽性慢性B型肝炎の管理とHBeAg陰性慢性B型肝炎の管理との間の現在の明確な分裂の再評価につながる可能性がある。

謝辞

利益相反の可能性があります。 M.H.N.はBristol-Myers Squibb、Gilead Sciences、Novartis、Rocheから研究支援を受けています; Bristol-Myers Squibb、Gilead Sciences、Schering-Ploughのコンサルタントとして働いており、Bristol-Myers SquibbとNovartisのスピーカー局を務めています。 E.B.K.はBristol-Myers Squibb、Gilead Sciences、Hyperion、Medgenics、Novartis、Rocheのコンサルタントとして働いており、Romarkの株式株主および従業員です。

1

Keeffe
EB

,

ディートリッヒ

,

Han
SH

ら。

米国における慢性B型肝炎ウイルス感染の管理のための治療アルゴリズム:更新

Clin Gastroenterol Hepatol

,

2006

, vol.

4

(pg.

936

62

)

2

Lok
として

,

マクマホン
BJ

慢性B型肝炎

肝疾患

,

2007

, vol.

45

(pg.

507

39

)

3

Dienstag
JL

,

チアンシアラ
J

,

Karayalcin
S

ら。

慢性B型肝炎ラミブジン治療後の血清学的応答の持続性

,

2003

, vol.

37

(pg.

748

55

)

4

紀元前

,

Suh
DJ

,

Lee
HC

ら。

ラミブジン療法後のB型肝炎e抗原セロコンバージョンは、韓国の慢性B型肝炎患者では耐久性がありません

,

2000

, vol.

32

(pg.

803

6

)

5

ヴァン-ヌネン
AB

,

ハンセン

,

Suh
DJ

ら。

慢性B型肝炎に対する抗ウイルス療法後のhbeag血清変換の耐久性:治療の種類と前処理との関係血清B型肝炎ウイルスDNAとアラニンアミノトランスフェラーゼ

,

2003

, vol.

52

(pg.

420

4

)

6

チャン

,

ギッシュ

,

de Man
R

ら。

hbeag陽性慢性B型肝炎に対するエンテカビルとラミブジンの比較

,

N Engl J Med

,

2006

, vol.

354

(pg.

1001

10

)

7

,

シフマン

,

トン
MJ

ら。

アデフォビル-ジピボキシル治療後の慢性B型肝炎患者における持続性B型肝炎e抗原血清変換:プレコアおよび基底コアプロモーター変異体の解析

Clin Infect Dis

,

2008

, vol.

47

(pg.

1305

11

)

(この問題では)

8

ユン

,

チャン

,

キム
CW

ら。

hbeag陽性慢性B型肝炎患者におけるラミブジン単独療法の長期成績:反応および再発率、およびHBeAg血清変換の耐久性に関連する要因

Intervirology

,

2005

, vol.

48

(pg.

341

9

)

9

ビョン

,

クォン

,

キム
JH

ら。

ラミブジン療法後にHBeAgを失った慢性B型肝炎患者における治療後再発に関連する因子

,

J胃腸薬Hepatol

,

2005

, vol.

20

(pg.

1838

42

)

10

赤羽根

,

山中

,

鈴木
H

ら。

B型肝炎ウイルスDNAおよび血清中のe抗原に対する抗体を有する慢性活性型肝炎:プレコア領域の点突然変異による肝細胞からのe抗原の合成およ

,

1990

, vol.

99

(pg.

1113

9

)

11

ギュンター
S

,

ピウォン
N

,

Iwanska
A

ら。

重症肝疾患を有する免疫抑制患者からのB型肝炎ウイルスにおけるコアプロモーター/エンハンサー II変異の種類、有病率、および意義

J Virol

,

1996

, vol.

70

(pg.

8318

31

)

12

ギュンター
S

,

ピウォン
N

,

ウィル
H

野生型プレゲノムRNAおよび複製のレベルが低下したが、コアプロモーターにおけるC(1653)→T、A(1762)→TおよびG(1764)→A変異を伴うB型肝炎ウイルスのプレC RNAおよびe抗原合成が減少した

J Gen Virol

,

1998

, vol.

79

(pg.

375

80

)

13

ハジヤニス

,

Vassilopoulos
D

B型肝炎e抗原陰性慢性B型肝炎

,

2001

, vol.

34

(pg.

617

24

)

14

チュー

,

Keeffe
EB

,

Han
SH

ら。

米国におけるHBVプレコア/コアプロモーター変異体の有病率

肝臓学

,

2003

, vol.

38

(pg.

619

28

)

15

グエン

,

Trinh
HN

,

ガルシア
RT

ら。 HBeAg陽性(EAG+)および陰性(EAG-)慢性B型肝炎(CHB)におけるプレコア(PREC)および/または基底核プロモーター(BCP)突然変異(MUT)の非常に高い有病率、特に高齢患者

,

2007

, vol.

46
674

16

,

カ-ホ-ウォン

,

Doutreloigne
J

,et al.

慢性B型肝炎患者におけるHbeag血清出現時のプレコアおよびコアプロモーター変異

J感染

,

2007

, vol.

54

(pg.

497

503

)

17

カリノ
Y

,

トヨタ
J

,

佐藤
T

ら。

コアプロモーター領域変異前のプレコア(A1896)領域の早期変異は、HBV複製の減少および肝炎症の寛解をもたらす

Dig Dis Sci

,

2000

, vol.

45

(pg.

2207

13

)

18

山浦

,

田中

,

松本
A

ら。

b型肝炎ウイルスDNAレベルおよびプレコア領域およびコアプロモーターにおける変異によるB型肝炎e抗原セロコンバージョンの早期予測のためのケースコンター研究

J Med Virol

,

2003

, vol.

70

(pg.

545

52

)

19

ユエン

,

ウォン

,

BJ

ら。

遺伝子型Bおよびcを有するB型肝炎e抗原(HBeAg)陽性患者における肝炎フレア中のTヘルパー応答の差:早期hbeagセロコンバージョン

Jウイルス肝

,

2007

, vol.

14

(pg.

269

75

)

20

,

リー
CM

,

Lu
SN

ら。

台湾におけるB型肝炎ウイルス(HBV)遺伝子型およびhbv e抗原発現に影響を与えるプレコアおよびコアプロモーター変異の臨床的意義

J Clin Microbiol

,

2005

, vol.

43

(pg.

6000

6

)

21

,

リー
CM

,

Hung
CH

ら。

HBV遺伝子型BおよびCを有するHBeAg陽性患者におけるコアプロモーターおよびプレコア変異の臨床的意義と進化: 縦断研究

肝臓Int

,

2007

, vol.

27

(pg.

806

15

)

22

Lindh
M

,

アンデルソン
として

,

Gusdal
A

遺伝子型、nt1858変異体、およびB型肝炎ウイルスの地理的起源:新しいジェノタイピング法を用いた大規模解析

J Infect Dis

,

1997

, vol.

175

(pg.

1285

93

)

23

ちゃん

,

フセイン
M

,

Lok

として使用されます。

異なるB型肝炎ウイルス遺伝子型は、B型肝炎e抗原seroconversion

Hepatologyの間にコアプロモーターとプレコア領域の異なる変異に関連付けられています

,

1999

, vol.

29

(pg.

976

84

)

24

Lindh
M

,

ホラル
P

,

Dhillon
AP

,et al.

b型肝炎ウイルス慢性B型肝炎におけるDNAレベル、プレコア変異、遺伝子型および組織学的活性

Jウイルス肝炎

,

2000

, vol.

7

(pg.

258

67

)

25

ユエン

,

フォン

,

田中
Y

ら。

遺伝子型Bおよびcに感染した慢性B型肝炎患者におけるhbeagセロコンバージョン前後の肝炎活性およびウイルス複製の縦断的研究

J Clin Microbiol

,

2004

, vol.

42

(pg.

5036

40

)

26

,

,

PJ

ら。

b型肝炎キャリアにおける肝細胞癌におけるB型肝炎ウイルス負荷と基底核プロモーター変異の役割

,

J感染Dis

,

2006

, vol.

193

(pg.

1258

65

)

27

,

,

PJ

ら。

B型肝炎ウイルスのプレコア/コアプロモーター変異と血清ウイルス量の非非非非肝細胞癌に対する役割:症例対照研究

J Infect Dis

,

2006

, vol.

194

(pg.

594

9

)