Lotus NotesからExchange Server2007への移行のためのテスト環境(仮想マシン)を準備しているときに、興味深い問

UIに警告、エラーメッセージ、またはNDRが生成されませんでした。 これは控えめに言ってもかなり困惑していました。 だから私はあなたのほとんどが経験豊富なIT専門家が次の論理的なステップとして考慮することをすることにしました:より深く掘る。

まず、Exchangeメールボックスとハブトランスポートサーバーのイベントログを調べます。 メールボックスサーバーのアプリケーションログで、イベントID1009–ソースとカテゴリが”MSExchangeMailSubmission”とラベル付けされた警告イベントに気付きました。 “Microsoft Exchange Mail Submission serviceは、現在、ローカルActive Directoryサイト内のハブトランスポートサーバーに接続できません。 この時点では、サーバーがビジー状態で新しい接続を受け入れることができません。”

イベントソースとカテゴリの意味のあるラベルを思いついたMicrosoftの人に大きな”ありがとう”を借りていると思います。

とにかく、ハブトランスポートサーバーに問題が存在するという強い兆候があったので、ハブトランスポートサーバーのアプリケーションログを調べ始めました。 ログに記録されたエラーはありませんでしたが、警告が1つありました:イベントID:15002、ソース:MSExchangeTransport、カテゴリ:ResourceManager。 問題を解決するために急いで、私は警告イベントを無視し、サーバーが仮想マシン上のシステムリソースについて不平を言っているだけだと仮定しました。

一方、Telnetを使用してハブトランスポートサーバーのポート25に接続し、すぐに

452 4.3.1システムリソースが不足しています

ホストへの接続が失われました

これにより、ハブトランスポートサーバーのアプリケーションログにある警告イベントID:15002を詳しく調べるようになりました。 私は慎重に説明を読んだ:

“資源の圧力は高いところで一定です。 統計:

Microsoft-Microsoft Teamsのエンドユーザーエンゲージメントに不可欠なガイド
Microsoft Teamsエンドユーザーエンゲージメントの必須ガイド

Microsoft Teamsの展開を強化し、エンドユーザーの採用とエンゲージメントの両方を確実にするための10のベス

キューデータベースとディスク領域(“C:Program F I L E S M I C R O S O F T E Xchange S E R V E R T R A N S Portrolesdataqueuemail.que”) = 63%

キューデータベースロギングディスク領域(“C:Program F I L E S Microsoftexchange S E R V E R Transportrolesdataqueue”) = 63%

Version buckets=1

Private bytes=16%

Physical memory load=53%

他のハブトランスポートサーバー、インターネット、ピックアップディレクトリ、再生ディレクトリ、およびメールボックスサーバーがハブト

キューイングデータベースからの電子メールのロードが可能な場合は、続行されます。”

説明を下にスクロールし、実際に詳細を読むことはJを助けましたが、待って、ハブトランスポートサーバーの役割を実行している仮想マシンに2.94GBの空き では、なぜExchangeはディスク容量について不平を言っていたのですか?

いくつかの調査の後、私はあまり知られていないが、Exchange Server2007で導入された新しい概念–背圧を紹介したTechnetのこの記事に出くわしました。 参照されているページで件名の詳細を読むことができますが、基本的に背圧はExchange Server2007ハブトランスポートサーバーとエッジサーバーの役割に組み込まれているシ

Exchangeがトランスポートサービスのしきい値(100*(hard disk drive size–4GB)/hard disk drive size)を計算するために使用する式を適用した後、自分の環境のキューデータベースとディスク領域の値(50%)がExchangeによって計算された高しきい値(49%)よりも高いことに気付きました。

ヒント:使用可能な空き領域が4GB未満の場合、ハードディスクドライブの使用率レベルは高いと見なされます。

だから、メールの流れを得るための私の選択肢は次のとおりでした:

  • 使用可能なディスク領域を増やす(実稼働環境では推奨)または
  • 適切なしきい値を増やす(実稼働環境では推奨されません)

私はテスト環境を使用していたので、EdgeTransportに新しい値を指定することで、簡単なルートを取り、ハードディスクドライブの使用率の高レベルの既定の計算をexe”を起動します。C:Program FilesMicrosoftExchange ServerBinディレクトリにある設定ファイル。 P R E C T A G A D A T A S E D I S K Spaceusedhighthresholdのデフォルト値を”0″から”80″に変更し、Microsoft Exchange Transportサービスを再起動しました。

サービスの再起動後に警告メッセージが再び表示されないことを確認し、OWA–SUCCESSFULを使用して再び自分自身にメッセージを送信しようとしました!! また、以前に(問題の間に)draftフォルダに配置されたメッセージも、手動の介入なしに正常に配信されたことに気付きました。

背圧はExchangeのきちんとした機能であり、システムリソースの問題をより優雅に対処することを意図していますが、上記のような問題を回避するために、System Center Operations Manager -Courseの例外は、本番クラスのシステムリソースを持つ贅沢がないテスト環境でExchangeソリューションをテストするシナリオです。