Advisory Information

この検査は造血標本のみに適しています。 Forsolidのティッシュの標本、順序LLPT/白血病/LymphomaImmunophenotyping、流れのCytometry、ティッシュ。

骨髄異形成症候群(MDS)または慢性骨髄単球性白血病(CMML)を含む骨髄異形成/骨髄増殖性新生物(MDS/MPN)による可能性が評価されている骨髄標本については、フローサイトメトリー、骨髄によるMYEFL/骨髄異形成症候群を注文する。

気管支肺胞洗浄(BAL)および気管支洗浄標本は、存在する可能性のあるCOVID-19の非常に伝染性の性質のため、この試験では許容されません。 免疫組織化学的(IHC)染色の使用は、これらの標本における免疫表現型決定のために奨励されている。

この検査は、サルコイドーシス、過敏性肺炎、間質性肺疾患、または肺結核とサルコイドーシスとの間の分化(CD4/CD8比の要求)には適しておらず、診断を支持することはできない。

追加の試験要件

骨髄試験では、この試験要求に伴って細胞遺伝学的試験が必要な場合は、追加の標本を提出する必要があります。標本が他のテストのための指示に従って得られ、処理され、そして輸送されることは重要です。

出荷手順

標本は、スピナルフルイドの場合は48時間、体液の場合は72時間、末梢血および骨髄の場合は96時間以内に到着しなければなりません。

必要な情報

以下の情報が必要です。

1. 検査理由または臨床適応を含む適切な臨床歴

2. 臨床的または形態学的疑い

3. 標本ソース

4. コレクションの日付と時刻

5. Spinalfluidの標本のために:spinalfluidの細胞および差動計算は要求される。

必要な標本

以下の標本のうち1つのみを提出する:

標本の種類:血液

容器/チューブ:

好ましい:黄色のトップ(ACD溶液AまたはB)

許容:緑のトップ(ヘパリンナトリウム)またはラベンダー top(edta)

標本容量:6Ml

スライド:可能であれば、5~10の染色されていない血液塗抹標本を含む。

CollectionInstructions:

1. 元の管の標本を送って下さい。 血液を他の容器に移しないでください。

2. 標本を血液としてラベルする。

標本の安定性情報:包囲された<96時間/冷やされていた≥96時間

標本のタイプ:骨髄

容器/管:

好まれる:黄色の上(ACDの解決AかB)

受諾可能:緑の上(ヘパリンナトリウム)かラベンダーの上(EDTA)

標本容積:1~5Ml

スライド:可能であれば、5~10の未染色骨髄吸引塗抹標本を含む。

CollectionInstructions:

1. 両側標本の提出は必要ありません。

2. 骨髄として標本にラベルを付ける。

標本の安定性情報:包囲された<96時間/冷蔵されている≥96時間

標本のタイプ:液体

源:漿液性滲出液、胸水、心膜流体、腹部(腹膜)液体

容器/管:体液容器

標本の容積:20mL

コレクションの手順:

1. 可能であれば、脊髄液以外の流体はヘパリン(1U/mLの流体)で凝固させるべきである。

2. 漿液性滲出液中のリンパ球または芽細胞を表現するのに必要な流体の量は、specimenの細胞数に依存する。 通常、20mLの胸膜または腹膜液が十分である。 高いセル数がある場合は、より小さなボリュームを使用できます。

3. 流動タイプのラベルの標本。

標本の安定性情報:冷蔵<72時間/包囲された≥72時間

標本のタイプ:背骨の液体

容器/管:生殖不能のガラスびん

標本の容積:1から1.5mL

収集の指示:

1. 元のcytospinの準備(できれば染色されていない)は背骨の液体標本と含まれていたmustbe従ってcorrelativemorphologic評価は起こることができる。

2. 脊髄液中のリンパ球または芽球を表現型化するのに必要な流体の体積は、試料中の細胞数に依存する。細胞の計算は標本と定められ、堤出されるべきです。通常、1〜1.5mLの脊髄液で十分である。 より小さいvolumescanは高い細胞の計算があれば使用されます。 細胞数が<10cells/mcLの場合、より大きな容量の脊髄液が必要になることがあります。 細胞数が5細胞/mcL以下に低下すると、免疫表現型分析は成功しない。

3. 脊髄液として標本にラベルを付ける。

標本の安定性情報:冷蔵<48時間/周囲≤48時間